■加齢以外の原因で起こる白内障

白内障は多くの場合、加齢が原因で起こりますが、中には、加齢以外の原因で白内障を発症することもあります。

▼併発白内障
併発白内障とは、他の病気の合併症として起こる白内障を指します。 その代表が、糖尿病が原因で水晶体が濁る「糖尿病白内障」です。 糖尿病がある人は、「糖尿病網膜症」だけでなく、白内障などにも気をつけなければなりません。 内科だけでなく、眼科でも定期的に検査を受けることが大切です。
また、「アトピー性皮膚炎」に合併して、白内障を発症することもあります。 最近は、慢性化したアトピー性皮膚炎のある10〜30歳代の人に、白内障が増えていると言われています。 さらに、虹彩や毛様体、脈絡膜に炎症が起こる「ぶどう膜炎」など、 他の目の病気に合併して水晶体が濁ることもあります。

▼薬による白内障
「ステロイド薬」を長期間、大量に使い続けると、白内障を起こしやすいことが知られています。 ステロイド薬は、アトピー性皮膚以外にも、「腎臓病」や「自己免疫疾患」など、さまざまな病気の治療に用いられています。 長期間使用している人は、定期的な目の検査が必要です。
また、緑内障の治療薬で、瞳孔を縮める作用がある「ピロカルピン」などの副交感神経刺激薬を 長期にわたって使用すると、白内障を招くことがあります。

▼外傷性白内障
目を突かれたり、強く打ったり、こすったりと、外部からの物理的刺激によって水晶体が障害を受けると、 白内障が起こることがあります。

▼その他
これらのほかにも、紫外線を多く浴びたり、強い放射線を浴びたりすると、白内障を発症しやすいことがわかっています。 また「先天性白内障」といい、生まれつき水晶体が濁っているケースもあります。