メニエール病

回転性の激しいめまいが起こるメニエール病。 何度も発作を繰り返していると、耳の聞こえが悪くなることもあります。 そのままにせず早めに受診し、適切な治療を受けましょう。


■メニエール病のめまい

難聴や耳鳴りを伴うめまい

『メニエール病』によって起こるめまいは自分や周囲がぐるぐると回っているように感じられる回転性の激しいめまいです。 難聴、耳鳴り、耳が詰まったような感じを伴うのも特徴です。 いったん発作が起こると、20分〜数時間続きます。めまいが起こっているときは、横になっても安静にしている以外、何もできなくなります。 さらに、自律神経にも影響が現れ、吐き気や嘔吐、冷や汗、脈が速くなるといった症状を伴うこともよくあります。 非常につらく、日常生活に支障を来します。 そして、このようなめまいの発作が繰り返し起こります。繰り返す頻度はさまざまで、2〜3日おきに起こる人もいれば、起こるのが年に数回という人もいます。 めまいの発作を繰り返していると、 難聴が進行することもあるので、適切な治療を受けることが大切です。


■メニエール病が起こる仕組み

平衡感覚や音の感受を司る部位が障害されて起こる

耳の一番奥に当たる内耳には、平衡感覚を司る「三半規管」と、音を感じ取る「蝸牛」という部位があります。 三半規管と蝸牛の内部は膜で2つの部分に分けられていて、それぞれが内リンパと外リンパという性質の異なる2種類の液体で満たされています。 メニエール病は、何らかの原因で内リンパが溜まって増え、”水膨れ”のような状態になることで発症すると考えられています。 内リンパが溜まり続け、膜が押し上げられるようになると、難聴が起こります。 さらに内リンパ液が増え、膜が破れて性質の異なる外リンパ液と混ざり合うと、 激しいめまいや耳鳴りなどが起こると考えられています。 これを「内リンパ水腫」といいます。破れた膜は自然に戻るため、めまいの発作はしばらくすると治まります。 しかし、再び内リンパが溜まると、発作が繰り返されることになるのです。

●原因

内リンパ液が溜まる理由ははっきりしていませんが、 ストレス疲労がメニエール病の発作を誘発したり、悪化させたりすることがわかっています。 ストレスや疲労でホルモンのバランスが崩れ、尿が出にくくなって体内に水分が溜まり、同時に内リンパも溜まりやすくなるのではないかと考えられています。 かつては30歳〜50歳代に多い病気といわれていましたが、最近では60歳代や70歳代にも増えています。


耳の構造


■メニエール病の検査

聴力や平衡機能の状態、眼球の動きを調べる

初めてめまいの発作が起き、それが20〜30分間も続く場合は、すぐに耳鼻咽喉科を受診する必要があります。 めまいは脳などに原因があって起こり、緊急の対応が必要な場合もあるからです。動けない場合は救急車を呼びます。 めまいで受診した場合、まず問診が行われます。どのような検査を行うかは、問診で得た情報から判断されます。 問診では、「めまいのタイプ(グルグル回る、フワフワする、立ち眩みのように目の前が暗くなるなど)」「初めてなのか、繰り返しているのか」 「めまいが起こるきっかけ(動いた瞬間、大きな音など)はあったか」「めまいに伴う他の症状(頭痛・耳鳴りなど)」はあるか」 「治療中の病気や服用中の薬」などが尋ねられます。メニエール病が疑われる場合には、次のような検査が行われます。

▼聴力検査
耳の異常を調べる場合に必ず行う検査です。メニエール病では、特に低い音が聞き取りにくくなります。

▼平衡機能検査
立ったり歩いたりして、体のバランスの偏りや、傾いた姿勢を元に戻そうとするときの動きから平衡機能の状態を調べる体平衡機能検査と 眼球の動きを調べる眼振検査があります。 眼振検査では、虫眼鏡のような特殊なレンズの付いた眼鏡(フレッツェル眼鏡)を使って眼球の動きを確認します。 赤外線カメラを使うこともあります。
通常、体が回転しているときは、眼球が回転方向とは逆に動き、視線のブレを補正しています。眼球は体の動きに合わせて動くのです。 しかし、めまいが起こっているときには、体の動きを感じる”センサー”に誤作動が起き、身体は回転していないのに眼球が揺れるように動きます(眼振)。 また、眼球が左右のどちらに揺れているかで、どちらの耳に原因があるかがわかります。 例えば、眼球が左側に揺れているときには、右耳に障害が起こっていることが多いのです。

▼MRI検査
内リンパが溜まった状態を写し出します。最近行われるようになった検査で、メニエール病をより確実に診断できるようになりました。 また、脳の病気の有無も確認できます。

耳の検査